kakiaのブログ

胃がん・腹膜播種 父の闘病記

オペ前日

10月16日、オペ前日に入院🏥


夕方にオペの説明があるらしいと母からLINEがきたので、日勤終わりに、ワセワセと病院まで行きました🚘


大きな病院はどこでもそうですが、外来主治医と入院主治医が違う💨

術前説明の席に着き……あなた、誰(笑)

Dr.は、カルテ上では見てた、胃がんのおじさんと対面…👀


父も初対面のその主治医からの話…


《CTにて、腹水が貯まっているので、もしかしたら腹膜播種があるかもしれない

となると、術中に脾臓及び胆嚢摘出は見送り、胃全摘のみのオペに変更となる可能性がある》


あれだけ検査しといて、いまさらなにをおっしゃるか…😫 最新鋭と言われているPET検査とはどこまでわかる機械なのだ❔

腹膜播種が認められて、ほんまに胃全摘できるのかいな❔❔


開けてみないとわからんのなら、やるなよ、苦痛しかなかった検査なんて💦


胃全摘だけでもやると言うDr.の話が気になったので、父母が退席したあとに、若い主治医に「お腹を開けて、腹膜播種があっても胃だけはとってくるんですか❔」と聞きました


「通過障害があるのでとります」


これが、病棟主治医の答え🌪



今日は、仕事がお休み…

少し用事を済ませて、父の顔を見に行き👀✨

あとは、コタツから離れれません💡


朝は晴れてたのに…