kakiaのブログ

胃がん・腹膜播種 父の闘病記

3カ月ぶりのブログ

前回、ブログをアップしてから3カ月も経ってしまいました😳

自分の思ったことや感じたこと、父のことをリアルタイムに残しておきたかったのに、できなかった💧

父は、昨年の12月11日に、副作用バリバリでろくにごはんも喉を通らないのに、孫が留学から帰ってきたお帰り会と大学が決まったお祝い会をするからと、入院を断りました🤫

家族みんなで、温かい時間を過ごすことができ、父は楽しかった楽しかったとニコニコしていた🤗

そして、12月15日に体調管理と化学療法の目的で2週間ほど入院しました🏥

体力のない父にとっては、かなり過酷だったと思います…TS-1の内服に腹腔内投与…しんどいとLINEが来ることも出てきて、化学療法をやめて欲しいと思う自分もいました

でも、腫瘍マーカーは劇的に下がっていて、父にとったら抗がん剤は麻薬のような感覚になっていたように思います💧がんばるねんってニコッと笑う小さな父…先生にしんどい程度がどのくらいなのかわかりやすく説明するように、父に伝えました。そして、TS-1が隔日投与へ変更となりました💊

今思えば、わたしが言ったタイミングすら、遅すぎました😩

年末に入るからと、主治医が12月26日に2回目の腹腔内投与をしてから退院しようと言ってくれたらしく、予定通り投与…💉

28日に退院の予定で準備を進め、年明けから訪問診療・看護導入の手続きも揃いました🖐

退院前日に「明日近江牛食べて帰ろう」「たのしみ」このLINEのあとから、父の状態が悪化…


退院日、迎えの道中で病院から電話がかかってきて、退院出来ないかもしれないと言われました💧来てから、わたしが判断して下さいとのことで、病院に向かいました


起きることもできにくくなっていたけど、私たちの顔をみたら、ニコッと笑って帰りたい、黒豆食べたいねんと言ってくる父を連れて帰らない理由などなく、退院をお願いしました

主治医や看護師さんが初めて、退院することを渋りました😫でも、曲げませんでした


すると、わたしだけが呼ばれて、このまま退院して、家でなにかあったら検死になるといった内容のお話があり…無理も承知で、年明けからお世話になる訪問診療・看護の方に電話で状態を伝えました☎️

奇跡的にほんとに素晴らしい先生で、退院したらすぐに会いに行くから帰っておいでと言っていただき…酸素ボンベを抱えて、父は退院しました🙂

傾眠の父…少しモヤモヤした気持ちがなかったと言ったら嘘になります…もしかしたら、なにかあるかもしれへん🤔

父をおんぶして家まで入りました

父をおぶることが出来てしまったことが切なかったけど、あとから母に聞くと、父は娘におんぶしてもらったーと喜んでいたとのことでした


その言葉になにかわからないけど救われた✨

ひさびさに孫に会い、わずかだけど、食べたいお肉を食べて、鼻から酸素を入れながらその日は安眠でした😑

なにより、退院直後に初めましての訪問診療・看護の先生、看護師さんがすぐに来てくださったことがなによりありがたかった

年の瀬の多忙な時期に、こんな人間味のある方々がおられるんやと感謝の気持ちしかなかった☺️

これで在宅でも安心やなぁという安堵の気持ちと、年を越せるのか?というなにかにビビってる自分が混在した1日でした